任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローンが支払えなくなる前に住宅を売却して、その資金で返済を行う方法です。

任意売却と競売の違いとは?

競売は差し押さえ物件の売却のこと

裁判所の決定によって差し押さえとなった物件をオークション形式で売却することを指しています。すでにローンが返済できない場合に適用されるものです。競売売却の資金でローンを返済する仕組みですが、金融事故として今後ローンやクレジットを組むことができなくなります。また物件の登記にも差し押さえの履歴がついてしまうので、買い手が付きにくくなります。

任意売却は差し押さえられる前に売却すること

今後住宅ローンが支払えないという状況に陥った場合、裁判所から差し押さえ命令を受ける前に売却する方法です。ローン残高以上の金額で売却をしなければいけませんが、登記事項に傷はつきませんし、売却した本人も金融事故のペナルティがつくことはありません。

査定をしてから色々な行動をすること

歯科治療

任意売却をする前に、まず通常売却を検討することが準備の一つとなるため、不動産業者に相談して行うことが重要となります。通常売却で複数社から断られた場合、任意に移行して売却をすることが最低ラインの準備となるため、注意をしてください。また、売却する前に物件の査定を行うことも、適切に売却を進めるために必要とされているため、必ず行いましょう。銀行からローンの残高証明書を手に入れて、査定金額と比較し、ローン残高よりも高いか低いかをチェックしてください。ローン残高よりも査定額が高い場合は一括査定を入れてできるだけ高値で売却することが、適切な価格で売却することにつながるため、参考にしてください。申し出るタイミングについては、査定金額が産出されて以降で問題ないとされているため、査定をした時点では債権者に伝える必要はありません。なお、ローン残高よりもかなり低い金額で査定された場合には、債権者と話し合いをするなど、最適な方法を検討することが重要です。

意外とメリットは大きいといわれている

治療器具

任意売却は競売よりもはるかにメリットの大きい方法とされているため、納得したうえで活用することが問題を解決するために重要です。まず住宅ローンの残債が完済あるいは少なくすることができるようになるため、返済面でストレスを感じる必要がなくなります。また、ローンを完済できずに官報などに掲載されることなく、プライバシーを守って返済を行うことができるようになるのもメリットです。競売よりも債権者との関係を良好に保つことができることや、税金の一部を経費として認められるのもメリットといえるでしょう。なにより、リースバックを活用して今住んでいる家に住み続けることができることも、利用する上でのメリットであるといえます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中